債務整理をした後に借金

一度債務整理をしてしまうと、ふたたび借金をしようと申込みしてもほぼ断られてしまいます。

 

債務整理とは、その名の通り借金を整理することであり、この手続きをすることによって借金の額を大幅に減らすことができたり、無理のない返済金額で毎月支払できるように返済計画を組み直す手続きになります。

 

このような手続きに至ってしまう理由としては、返済能力がないためにしてしまうことですので、そのような方にどこの金融機関も融資しようとするところは少ないです。

 

では、債務整理をしたことを黙っていれば借り入れができるかというと、審査で信用情報調査が行われますので、そこで判明するので隠し通すことはできないです。ただし、法律で任意整理や民事再生(個人再生)、自己破産をしたら今後一切借入ができないと定めれているわけではないのです。

 

そのため、信用情報をどう利用するかは各金融機関の審査基準によるのです。さすがに大手の消費者金融や銀行で借入することはまずできないといっていいのですが、中小の消費者金融であれば借り入れが検討できる会社もわずかながら存在します。

 

債務整理の事故情報があったとしても完済していれば、貸付してくれる会社もあることは事実です。今後の生活も考えて、しっかりと債務整理のデメリットや手順を確認して依頼をしましょう。